委託・請負・独立・フランチャイズ・代理店について

企業から仕事を委託されて、販売やその他の業務を行なったり、一個人事業主または法人になることを前提に契約を行います。
労働者は、企業と雇用契約ではなく、「事業主」として契約を結ぶため、労働基準法や最低賃金法の適用は受けません。
契約するかどうかは自分の責任において判断し、契約する場合は、口頭ではなく必ず書面で契約を交わしましょう。
働くあなたは一事業主として、自分の判断や希望する環境のもと、仕事を進めていくことができますが、契約の内容には責任を負わなければならないことも忘れずに。

※開業資金が必要な場合がありますので、原稿内容を充分にご確認ください。
※20歳未満の未成年の場合、契約に親権者などの同意が必要となります。
※男女雇用機会均等法の適用を受けていないので、男女どちらか一方の募集・採用も可能です。

このページの先頭へ