派遣について

一般的な「登録型派遣」では、派遣会社に登録し、派遣先が決まったら派遣会社と雇用契約を結び勤務が始まります。
派遣期間が終了すると同時に雇用契約も終了します。
なお、派遣会社への登録に費用はかかりません。
また「常用型派遣」とは、派遣会社と労働者が、正社員または契約社員として雇用契約を結ぶ形態。
派遣先が決まっていない場合でも安定した収入が得られます。
「紹介予定派遣」とは、一定期間、派遣スタッフとして働き、派遣期間終了の時点で企業とスタッフお互いの合意があれば、直接雇用が成立する制度です。

平成24年10月1日より労働者派遣法が改正され、一部の業務を除き雇用期間が30日以内の日雇派遣が原則禁止されました。ただし以下の(ア)〜(エ)に該当する人を派遣することは例外として認められています。

  • (ア)60歳以上の人
  • (イ)雇用保険の適用を受けない学生
  • (ウ)年収500万円以上ある人が副業として従事する場合
  • (エ)主たる生計者でなく、世帯収入が500万円以上ある人
このページの先頭へ