応募電話のかけ方

応募に関する問い合わせ、面接日時の連絡など、就職活動では企業と電話をする機会がある。このとき、「電話は試験ではないから」と軽んじないように注意。採用試験はこの電話から始まっている。実際、「電話の応対も見る」と回答する企業は少なくない。
かけるときは、表情や身振りでカバーできない分まで、丁寧に、落ち着いて、はっきりと話す。そのためにも真摯な態度で臨もう。電話ごしの姿勢を正しているか、崩しているかによっても声の印象は変わる。観察力の鋭い採用担当者は、声だけでも気持ちが込められているかどうか判別できるのだ。

電話で注意すること

手元に筆記用具を用意
電話では、企業から面接時の持ち物を指示されたり、面接場所の詳しい説明をされたりすることがある。電話口で復唱・確認しながら、大事なことはすぐメモできるように、手元には筆記用具を用意しておこう。

かける時間帯に配慮
電話をかける時間帯には配慮が必要だ。かけてよいのは応募企業の就業時間内。避けなければいけないのは、始業時、終業時、昼休み時間など。また接客業ならば、お店が込み合う時間帯は避けるようにする。

自分の予定を明確に
応募者から電話をかける場合も、企業から電話がかかってくる場合も、すぐ面接に行けるように、常に自分の予定がわかるようにしておく。面接日時を指定されてからスケジュール帳を探しているようでは、応募への姿勢が問われてしまう。

必要事項は復唱して一度に確認
面接日時、場所などの必要事項は必ず復唱して相手に確認を取る。「1時」が「7時」に聞こえるなど、取り違えることが多いからだ。「○日○時にお越しください」といわれたら、「○日○曜日の午後○時ですね」と念押しすると間違いが少なくてすむ。
また、応募者の中には、面接直前になって「会社の場所はどこですか?」「どう行けばいいですか?」と電話をする人もいるようだが、これは失礼な行為。場所や行き方は、応募する時点で当然調べておくべきこと。もし疑問点があれば、日時の連絡を受けた際に聞いておこう。「面接場所は本社でよろしいですか?」「何か目印はありますか?」と“確認する聞き方”をすれば、企業は喜んで答えてくれるはずだ。

電話を切るときは相手から
用件が終わっても、間違っても先に“ガチャン”と乱暴に電話を切ってはいけない。相手が受話器を下ろしたのを確認してから、自分も受話器を下ろすのが礼儀だ。

携帯電話でかけるときの注意

携帯電話の場合、受ける側が聞き取りにくかったり、電波の状況が悪いと途切れてしまうこともあるため、企業への問い合わせや応募電話は、基本的には固定電話でかけるのがベターです。ただ、やむを得ず携帯電話からかける場合には次のことに注意しましょう。

携帯電話からかけていること伝え、最初に「携帯電話からで失礼いたします」と断っておきましょう。
電話が切れてしまったら、携帯電話を使っている人からかけ直すのがマナー。電波状況の良い場所に移動してからかけ直し、まずは切れてしまったことを謝罪しましょう。

携帯電話の相手にかける場合は、まず「○○会社の△△さまの携帯電話ですか?」と相手を確認してから名乗ります。その際に「はじめまして。(フルネームで名乗る)○○と申します。今お話ししてよろしいですか?」と相手が話せる状態かどうかを確認することも忘れずに。
このページの先頭へ