面接時のマナー

企業は、「面接」の間だけ応募者を見ているわけではない。よい人材を得るために、応募者についてできるだけ多くの情報を得ようとするだろう。よって応募者は、面接以外の場面でも、さまざまな角度から観察されていることを意識しておく必要がある。
とくに注意したい面接前の行動から大切なポイントを整理してみよう。

面接までのマナー

絶対に遅刻しない
遅刻は厳禁だ。もし1分でも遅れれば、「入社しても、大事な仕事で遅刻するかもしれない」と信用を失ってしまうだろう。企業が、自分のために面接の時間を割いていることを念頭におこう。
会場には、10分〜5分前に着くとよい。あまり早く着きすぎるのは失礼にあたるし、ギリギリの到着では焦っていい面接にはならない。事前に交通手段や場所を確認しておくことはもちろんだが、できれば一度下見をしておくと当日気持ちに余裕ができる。

会社に入る前に身支度などを再確認
会社に着いたら、身支度を整えている時間はない。そこで会社に入る前に、いま一度、身だしなみを確認しておこう。最寄り駅のトイレで、鏡を見ながらチェックしておくのもよいだろう。また、携帯電話の電源は会社に入る直前に忘れずに切る。それまでは万が一のために連絡がつくようにしておこう。

受付では明るく挨拶を
受付を訪ねたら、「本日、○時に面接を受けさせていただく○○○○と申します」と自分から名乗り、面接に来たことを明らかにする。「受付の人も面接官」と思い、明るく挨拶をすることが大切だ。少人数の会社などでは、本当に受付をした人が面接官として現れることも多い。

他の応募者とムダ話をしない
たとえ小さな話し声でも、控室のような場所では目立ってしまう。応募者が何人もいる場合は周囲の迷惑にもなる。ほかの応募者とは会釈程度で済ませておこう。

携帯電話を持ち出さない
会社に入る前に携帯電話の電源は切り、カバンに納めておこう。控室でメールを確認するようなことはしない。時計代わりに携帯電話を使用することも採用試験では避け、必ず腕時計を携帯しよう。

本や雑誌を読んだりしない
待っている時間は休憩時間ではない。自分の本や雑誌は、持っていてもカバンから出すことは控える。ただし、企業から会社案内や資料が渡された場合は、それらを読んでいても構わない。

無礼な姿勢・態度を取らない
緊張する応募者が多い中で、まれに転職に慣れていて、控室でリラックスしてしまう人がいる。足を組んだり、イスに踏ん反り返るような座り方をすると、横柄に見えるので注意しよう。

喫煙しない
控室に灰皿があっても、面接前の喫煙は控えよう。採用担当者はタバコを吸わない人かもしれない。もしそうであれば、面接中に臭いが気にかかり、印象が悪くなることもある。また、面接会場に入る直前に喫煙も臭いが残るので避けたいところ。

イライラしたり、落ち着かない態度を取らない
緊張して落ち着かなかったり、待たされてイライラした態度を取ると目につきやすい。待っている時間は、面接に向けて気持ちを落ち着けることに使おう。

面接中〜退室時のマナー

控室で名前を呼ばれたら、「はい」と明るく返事をし、指示に従って速やかに面接室に移動する。
案内係の人が先導してくれる場合は、横に並んで歩くのではなく、一歩後ろについて歩くようにする。

面接室の前に着いたら、ドアを数回ノック。中から「どうぞ」と応答があったのを確認してから静かにドアを開け、「失礼します」と一礼して部屋に入り、静かにドアを閉める。
ドアを開けながら慌てて頭を下げてしまうと、採用担当者は応募者の顔より先に頭を見ることになる。ドアを開けたら、まず一度採用担当者の目を見て、それから「失礼します」と一礼し、もう一度採用担当者に顔を向け、入室する。この一連の動作を落ち着いてこなすことがポイントだ。

ドアを閉めたら、ドアの前で採用担当者に向き直り、「○○○○と申します。本日はよろしくお願いいたします」と名乗って一礼する。
このときも、採用担当者の目を見て名乗ろう。目を見ていなかったり、顔が下向きだと、受け取られる意欲が半減してしまう。

「どうぞ、おかけください」と勧められたら、示されたイスの横に立ち、「失礼します」と一言添えて腰かける。
必ず勧められてから着席しよう。

緊張を解くこの一言!

緊張のあまり思っていることをうまく説明できないときは、自分の言葉で自分を落ち着けてみよう。「少し緊張しております。申し訳ありません」と素直に伝えてみることで、そこからスムーズに話ができる場合もある。面接で緊張するのは当たり前。当たって砕けろの精神で、飾り気のない自分らしい言葉で話せば、その誠意は必ずや面接官に伝わるはずだ。

控室と面接室が同じ場合は?

最初から面接室に通され、採用担当者が後から入室して面接が行われるケースも多い。この場合は、待っている間は、時間まで静かに待とう。採用担当者が入ってきたら、すぐに立ち上がり「○○○○です。よろしくお願いいたします」と名乗って一礼する。またこのとき、「どうぞかけてください」といわれるまで着席してはいけない。

形式通りにいかない場合も落ち着いて!

「マニュアルに習い、事前に練習を重ねて臨んだのに、行ってみたら勝手が違って動揺し、うまくいかなかった」という人がいる。応募者が100人いれば、 100通りの面接があるのだ。マニュアルで基本を踏まえ、自分の経験で応用することが大切。そこに応募者のキャリアや能力が問われるのだ。
背もたれに寄りかからず、背筋を伸ばし、肩の力を抜き、脇をしめて着席する
男性の場合は、足を軽く開き、手は太股の上に載せる。カバンはイスの脇に置くとよいだろう。女性は足先まで揃え、手は重ねて太股の上に載せる。カバンは背もたれに置いて座るとよい。自己アピールのための資料や作品は持参してもよいが、その場合は最初にその旨を申し出ておこう。

話すとき聞くときは担当者の目を見て
面接する採用担当者は一人のときもあれば、数人の場合もある。話を聞くときは、話をしている担当者に目を向けていればよい。反対に自分が話をするときは、均等に目を配って、全員とアイコンタクトがとれるようにしよう。

採用担当者の話が終わるまで、集中してしっかり聞く
途中で言葉をさえぎってはならない。もし聞き取りにくかったり、意味がつかみにくい場合は、話が終わってから「すみません、もう一度おっしゃっていただけますか?」「それは○○○○ということですか?」などと確認しよう。よくわからないままに応答してしまうと、「適当に答える人」と見なされてしまうので気をつけたい。

面接の終了が告げられたら、イスから立ち、「本日はお時間をいただきまして、ありがとうございました。どうぞよろしくお願いいたします」と一礼する。
あわてず、落ち着いて静かに立ち上がる。次に姿勢を正し、お礼を述べるようにしよう。

ドアまで進んだら、再度振り返り、「失礼いたします」と一礼してドアを開けて退室し、静かにドアを閉める。
最後の最後に気を抜いてしまい、ドアを思いきり閉めてしまったりと、意外なところでミスをしてしまうので注意。また、外には案内係の人がいるかもしれない。ドアを閉めた途端、ため息をついたり、態度をリラックスさせたりせず、会社の外に出るまで気を引き締めていよう。
このページの先頭へ