2018/07/02[mon] update

キャリアアドバイザーに聞いた【面接官から「何か質問はありませんか」と言われたら?】

面接官へのせっかくの質問の機会。「特にありません…」という答えではもったいないし、あなたの前向きさも伝わりません。ではどんな質問が望ましいのでしょう?そのサンプルを挙げてみました。

業界や職種について深掘りしよう。

特に人気企業の面接の場合、会社のネームバリューだけに魅力を感じ応募しているとは思われたくないもの。ここは質問を介して、この業界のこの仕事に就きたいという気持ちを伝えてみては。「御社が今後参加予定のジョイントベンチャーについて教えていただけますか」「入社後はぜひ介護福祉士の資格を取りたいのですが、企業からの支援制度はありますか?」などが好例です。

理想の社員像を尋ねてみよう。

限られた面接の時間内で面接官はあなたに秘められたさまざまなチカラを推し量ろうとします。中でも最も注視するのは、前向きさがあるかということ。多少の経験不足でもその人材が前向きさを備えていれば、入社後確実に成長するからです。では前向きさを感じさせる質問とは? その一つが「理想の社員像とはどのようなものでしょう」と尋ねること。面接官からは「報告を欠かさない人」「リーダーシップを持った人」などさまざまな答えが返ってくるでしょう。その理想に対し自分の経験・体験などを交えながら、そのスキルを備えていることをしっかりアピールしましょう。万一、自分にそのチカラが今はないと判断した場合は、その理想を目指す前向きさがあることをしっかり伝えてみては。

長く働くことで目指せるステージを聞こう。

人手不足の影響もあり、採用した人には長く働いてほしいのが企業の本音。だからといって「できるだけ長く働きます」という台詞では面接官の心も打たれません。面接官への質問を通じて、本気度をアピールしましょう。「3年間ホールを経験すれば店長に昇進できるでしょうか」「どれくらいの時間と経験を経るとSV職に就くことができますか」「将来的には幹部候補として企業店舗の拡大に貢献したいのですが、どのようなスキルが必要ですか?」など。

いずれにしても面接官への質問は自己アピールの絶好のチャンス。使わない手はありませんよ。

アドバイスしてくれた方

キャリアコンサルタント/赤坂武道 氏
北海学園大学にて就職指導を担当し、2万人を超える学生を指導。同大学を退職後、キャリアコンサルタントとして独立。就職支援・キャリア支援のプロフェッショナルであり、キャリアデザイン研究分野では北海道において第一人者。株式会社エス・イー・ジャパン 代表取締役。
このページの先頭へ