2018/07/16[mon] update

私の選んだ職場【株式会社マテック】

最近街ナカでよく目にする「じゅんかんコンビニ24」のサイン。家庭などから排出される資源物を24時間無人で回収する施設です。その運営を手がけているのが、株式会社マテック。同社でトラックドライバーとして働く小戸田晋也さんにお話を伺いました。

環境保全に貢献しているという
誇りを感じています。

ドライバー/小戸田晋也さん(36歳)
土木作業員からマテックに転職。資源回収ドライバーとして勤務5年目。

家族と過ごす時間を求めて
土木の世界から転職

小戸田さんは現在36歳。前職は土木作業員でした。
「二十歳から土木の世界一筋。現場は道外にまで及び、長期出張も日常茶飯事でした。若い時分はそれでも良かったのですが、30歳の節目に結婚し、子どもを授かったこともあって、毎日家に帰れる仕事に就きたいなと考えるようになりました」
そんな折、ジョブキタで目にしたのがマテックのドライバーの求人。前職時代に大型の免許も取得していた小戸田さんは迷いなく応募します。
「ちょうど札幌にじゅんかんコンビニ24が定着し始めたころ。エコやリサイクルに対する世間の関心も高まっていて、『この企業には将来性がある』と確信したんです」

企業のバックアップで
資格と絶対の自信を取得

マテックは、鉄、古紙、プラスチック類、アルミ缶・スチール缶、中古自動車など多岐にわたる資源を回収し、リユースの舞台へと循環を促す総合リサイクル企業。「じゅんかんコンビニ24」に出される一般家庭の資源だけではなく、ビルや家屋の解体現場、鉄工場、メーカー企業などへも出向き、使用済み建材をはじめとする多彩な資源を引き取っています。小戸田さんはこれらの資源を回収するトラックのドライバー。
「現場で資源をトラックの荷台に積み込み、それを当社の集積場へと運び下ろすというのが仕事の流れ。これを一日4クールほど行います」
積み込む荷物は重量があるため、玉掛けの技術やユニッククレーンなどの操作が不可欠。小戸田さんは、入社後にこれらの資格を取得しました。
「素材も形状も多種多様な資源を安全・確実に荷台に積み上げるためには、相応の技術や経験が必要になります。うちの場合は会社の全面的なバックアップで資格を取得できるほか、入社後3カ月間ほどの時間をかけ自社構内のスクラップを使いながら吊り上げや積み込みの練習もさせてもらえます。事故を起こさない絶対の自信がつくまで、とことん指導するのがマテックのスタイルなんです」

限りある資源と環境を
子どもたちに継いでいきたい

リサイクル資源の運搬に特化したドライバーという仕事、5年ほど経験した現在思うこととは?
「最も強く感じるのは、環境保全に貢献しているという誇りですね。限りある資源を子どもたちに継いでいくのが自分たち親世代の使命だと感じるようにもなりました」
その一方飽きないのもこの仕事の魅力、と小戸田さんはニッコリ。
「一般のドライバーは定番商品をいつものお客様の元へ… というパターンが多いようですが、この仕事は現場も積み込む資源もお客様まで毎回変わります。じゅんかんコンビニ24では一般の方ともお会いしますからね。資源やリサイクルに関して会話を交わす機会もあり、自分の視野や社会性まで大きく広がった気がします」
そして何よりうれしいのは家族で過ごす時間がたっぷりあること。
「地球にやさしい会社は、社員にも家族にやさしい…ということでしょうね(笑)」

3つの働きやすさPOINT

【POINT-1】環境保全への貢献という自負。
資源の再生・創造・開発に努力するという企業理念を社員全員で共有。共感する若い社員が増えています。
【POINT-2】資格取得や安全指導をさらに徹底的に。
リサイクル知識の習得、資格の取得支援のほか、安全指導に長い時間をかけ事故撲滅を実践しています。
【POINT-3】マテック流の働き方改革。
有給消化を強化する、各種手当をさらに厚くする、残業を軽減するなどの改革を本気で実践しています。

ドライバーは弊社の「顔」的な存在です。

「じゅんかんコンビニ24」の認知の高まりのほか、環境保全を掲げる企業理念への共感もあり、弊社の実績も右肩上がりが続いています。それに伴い社員数も大幅に増員しており、今回の小戸田さんもこうした動向の中で弊社に転職した一人です。リサイクルに関する知識の必要性、資格と積み込み技術の習得、一般のお客様との良好なコミュニケーションづくりなど、特別なノウハウを必要とする仕事ですが、持ち前の積極性が功を奏したのか、プロのドライバーとして、さらに弊社の顔としても活躍してくれています。彼のようなドライバーがもっと増えてくれるのを期待してます。
発寒支店副支店長/本田雄一さん

株式会社マテック 札幌支店

札幌市白石区東米里2032-12
TEL.011-873-0808
http://www.matec-inc.co.jp/
このページの先頭へ