2018/07/23[mon] update

転職ストーリー【創作居酒屋 Dining Kitchen 濂(れん)】

地下鉄東西線南郷18丁目駅のほど近く。「創作居酒屋 Dining Kitchen 濂(以下、 濂)」は、いつ足を運んでもお客様の笑い声が絶えない人気店です。そのSVを務めるのが田中角栄さん。45歳にして転職を決意した理由を紐解きました。

料理への思いが募りに募り、
45歳で転職に挑戦しました。

SV/田中角栄さん
レストランチェーンのSVを経て運送業界へ。1年ほど前に創作居酒屋 Dining Kitchen 濂に転職。調理を中心にお店の運営面も担当。

生きていくために
選んだ運送業の仕事。

田中さんが初めて飲食業界で働き始めたのは高校生のころ。大手レストランチェーンのキッチン担当としてアルバイトを始めました。
「家庭の事情から一人暮らしをしていたので、シャカリキになって働きました。料理が好きだったので、仕事を覚えられることも楽しくて。もちろん、調理マニュアルはありますが、食材の切り方や盛り付けを自分なりに工夫していました」
18歳のころ、田中さんの働きぶりがマネージャーの目に留まり、正社員として抜擢。半年後には北海道ブロックの統括役となるSVへとステップアップしました。
「順調のようですが、実は僕の転機はココから(笑)。26歳のころに友人の保証人になり、彼がそのまま逃げちゃったから借金を背負ってしまうことになったんです」
あっけらかんとお話ししますが、聞けばその金額は少なくありません。田中さんはお金を返すためにも、当時好景気だった運送業に転職しました。
「すでに家庭を持っていましたから、正直なところ生きるための選択。配送先の方に感謝されるなど張り合いは感じていましたが、心の奥底では本当は料理に携わりたいとモヤモヤしていましたね」

飲食店の仕事には、
自信があったけれど…。

葛藤を抱えながらも懸命に働いた約20年。田中さんは不本意に背負わされた借金をすべて返済し、今後の人生に考えを巡らせるようになりました。
「ある時、ここの店の前に貼ってある『最強のアルバイト・社員募集』というポスターが目に入りました。最強って何だろうと思い、お客さんとして食事をしてみたんです。すると、とにかく料理がおいしくて驚きました」
さっそくオーナーとお話しした田中さん。その後も何度か調理への熱い思いを伝えましたが、最初は飲食店を開くようにすすめられたそう。
「銀行の融資も申し込み、いざお店づくり…と思っていたのですが、濂で料理を学びたいという気持ちも捨てがたくて。オーナーに率直に伝えたら、『だったら、右腕として働かないか』といってもらえました」
田中さんが転職したのは昨年。レストランチェーンの経験も長かったことから、調理の仕事には多少なりとも自信を持って働き始めました。
「でも、すぐに自分の甘さを思い知らされました。ウチの料理はすべて手づくり。チェーン店のマニュアルとは違い、包丁の使い方から食材を茹でる温度、塩加減まで細やかに調整しながら仕込んでいます。ゼロから出発する気持ちでオーナーに調理を叩き込んでもらいました」

お客様に喜んでもらい、
自分も笑顔で働ける場所。

45歳にして飲食業界に「出戻り」した田中さん。およそ1年働いてみて、今の心境はいかがなのでしょう?
「こんなに楽しいのに給料をいただいて良いのかなと思うくらい(笑)。収入に関してはやや下がりましたが、我慢して働くのと、お客様に喜んでいただきながら自分も笑顔で働けるのとでは段違いです。年齢を気にせずにチャレンジして本当に良かった」
調理についてはオーナーと同じ味を出そうと必死で勉強する日々。けれど、ことお店の運営はレストランチェーン時代の経験を生かして積極的にアイデアを出しています。
「お客様の満足度を高め、お店の売上もアップさせるには何をするべきかオーナーといつも話し合っています。最近ではフランクフルトやベーコンを自家製に変えました。そうして、お客様から『おいしかった。また来るネ』と言葉をかけてもらえるのが何よりの喜びです。自分が求めていた手応えはココにあった。心からそう思います」

田中さんの仕事履歴

16歳/レストランチェーンで調理のアルバイトをスタート。
18歳/レストランチェーンの正社員に登用。半年後にSVに。
27歳/運送業に転職。以後、18年間ドライバーとして活躍。
45歳/スタッフ募集ポスターをきっかけに創作居酒屋 Dining Kitchen 濂に転職。【TURNING POINT!】
46歳/オーナーの右腕として活躍中。

先輩からのメッセージ

田中さんは仕事に取り組む姿勢がとにかく熱心で、3カ月ほどで調理のポイントをおさえたのは驚くばかり。今や私の代わりを務められるほど成長しました。レストランチェーンのSVの経験からスタッフの取りまとめやお店の運営面でも貢献してくれています。ウチのお店は創作居酒屋。今後は、新しい料理を生み出す発想力を磨いていくことに期待しています。
オーナー/内生藏(うちうぞ)廉さん

創作居酒屋 Dining Kitchen 濂(れん)

札幌市白石区南郷通19丁目2-8 クリスタル85ビル2F
TEL.011-866-1898
営業時間/17:30〜24:00
定休日/毎週日曜日
https://akr3534105894.owst.jp/
このページの先頭へ