2018/10/08[mon] update

わたしの転職ストーリー【株式会社シューファクトリー・ブンゾー】

札幌で唯一のダンスシューズメーカーにして、オールハンドメイドの丁寧な靴作りに定評がある「株式会社シューファクトリー・ブンゾー」。ここで働く品堀絵美さんは、ダンスシューズの製造スタッフに未経験から転職しました。

自分が携わった靴を
履き続けてもらえる喜び!

ダンスシューズ製造スタッフ/品堀絵美さん
釧路市出身。小さなころから自分の手を動かしてモノを作るのが好き。最近は社交ダンスのレッスンにも積極的に参加。

パン作りの奥深さにのめり込んで。

中学卒業後、さまざまなアルバイトを経験したという品堀さん。20歳のころに中標津のベーカリー「ぴえ〜る」で働き始めたのも、当初は何気なく応募したことがきっかけだったと切り出します。
「けれど、そのお店でパンの製造に携わるようになると、どんどん『作る』魅力にのめり込んでいきました。気温や湿度が違うと仕上がりが変わり、技術を高めるほどにおいしくなっていく…そんな奥深い世界だったんです」
品堀さんは3年後にはアルバイトから正社員に昇格し、26歳のころに店長へとステップアップ。ホテルや学校に卸す商品の打ち合わせを任され、時にはお客様の愛犬を模したオリジナルパンの依頼にも応えるなど、仕事の手応えは大きかったといいます。
「ただ、心のどこかで自分の学歴に負い目があって…。人生の中で一度はデスクワークを経験したいと思い、事務職にあこがれるようになりました」
勤めていたベーカリーは家族経営の小さな店舗。突然の退職の申し出に最初は驚いていましたが、家族同様に接してくれたからこそ最終的には笑顔で背中を押してくれたそうです。
「今でもつながりは消えていません。私を大きく変えてくれた一番感謝すべき出会いです」

形が残るモノ作りへの興味。

品堀さんは事務職への転職に伴って都会の札幌に引っ越しました。ところが、「ココからが迷走期です」と苦笑します。
「事務職にチャレンジしたものの、すぐに『自分はモノを作るほうが楽しい』という気持ちが湧き上がってきて。あまり時間が経たないうちに退職してしまいました」
まずは生活を安定させようと札幌市内のお菓子屋さんが手掛けるパン部門に転職。製造に携わりながら、全国の催事に飛び回りました。
「しばらく働いているうちに、商品を作って喜んでいただくという根本は同じでも、食とは違った『形に残る』という仕事はどんな世界なんだろうと思うようになりました」
2年ほど前に目にしたのが株式会社シューファクトリー・ブンゾーの求人情報。かつて社交ダンスのバラエティ番組が好きだった記憶が突如としてよみがえり、半ば瞬間的に応募したと笑います。
「靴作りも社交ダンスも当然ながら未経験。頑固な職人さんに叱られるイメージでしたが、最初は革の種類や作業に使う道具の場所、靴作りの基本工程から丁寧に教えてもらえました」

チャレンジに寛容な社風。

同社ではお客様からオーダーを受け、約1カ月半でダンスシューズを届けています。足に合った木型選びや革の裁断、釣り込み(販売商品として形にすること)といった各工程を手分けして作るそう。
「私は職人と呼べるほど靴作りに大きくタッチしているわけではありません。一日の作業の予定を組んだり、仕入れや素材の準備だったり、まだまだ補佐的な仕事が大半です」
とはいえ、インソールやヒールに裁断した革を巻き付けるなど、自分の手を動かす作業も増えてきました。
「当社はスタッフのチャレンジに寛容。失敗しても助言を頂けますし、先輩も『ヘタだな〜!』と笑い飛ばしてくれます(笑)。なので、新作会議やお客様のオーダーに対しても積極的にデザインを提案しやすいんです。例えば、外反母趾の方のために足先の一部をネット状にするアイデアなど。意外と改良の余地が多いんです」
品堀さんはお店に立つこともあり、メンテナンスに来るお客様に対応することも多いとか。
「一足を直しながら大切に使っていただく… コレが形に残る仕事の醍醐味。もっともっと知識と技術を深め、いつか私の靴が一番履きやすいと言われる商品を作りたいです!」

品堀さんの仕事履歴

20歳/中標津のパン屋さんでアルバイトをスタート。
23歳/正社員に昇格。
26歳/店長にステップアップ。
33歳/札幌へ出て事務職やパン製造の仕事に携わる。
35歳/形が残るモノ作りへの興味から、株式会社シューファクトリー・ブンゾーに転職。【TURNING POINT!】

先輩からのメッセージ

当社の製造スタッフは未経験からのスタートが多く、品堀さんもその一人です。彼女はとにかく一生懸命で、新しい靴やデザインの提案にも積極的。社交ダンスの教室にも自ら通い、その経験を靴作りに生かそうという意気込みも十分です。ただ、仕事を一人で抱え込みがちなので、上手くヘルプのサインを出せるとより良いチームワークが築けると思います。
営業/鎌田康太さん

株式会社シューファクトリー・ブンゾー

札幌市豊平区平岸1条2丁目5-10
TEL.011-823-7722
https://shoefactory-bunzo.com/
このページの先頭へ